FX(外為証拠金取引)とCFD


対面コンサルを軸にCFDをトータルで支える=あい証券

3月14日12時6分配信 サーチナ
-------------------------------
というニュースで、あい証券=元IVTインベストメント・バンキングの話しが掲載されていました。

-----------------------------
あい証券(旧社名:IVTインベストメント・バンキング)は、証券CFDの本格的な取り扱いを機に3月10日に社名変更を行った。対面取引によるコンサルティングをベースに資産運用のトータルな相談に応じるというユニークな証券サービスを行っている同社代表取締役社長、加藤丈典氏に、CFD取引の現状と展望を聞いた。

加藤 当社は2007年9月に施行された金融先物取引法に先立つ旧法の時代にライセンスを取得、FX(外国為替証拠金取引)の取り扱いからスタートしました。インターネット取引と対面取引の2つの窓口がありますが、対面取引によるリスク管理に関するアドバイスや、より価値の高い情報提供を行うコンサルティングサービスを特徴としています。

 その後、商品CFD(差金決済取引)を、2009年6月より対面でスタート、翌7月からインターネット取引も開設しました。証券CFDは、2010年3 月10日にまずインターネット取引、続いて3月下旬には、対面取引を開設する予定で事業計画を進めています。証券CFDは、日本、中国、欧州、米国の各地域のメジャーなインデックス(指数)から取り扱いを始めます。特に成長著しい中国については大陸とのネットワークを活用して、今後、上海総合指数を取り扱う予定です。

 証券CFDの本格展開に合わせて3月10日から、社名も「あい証券」に変更しました。「相」の意味する「お客さまと共に」というパートナーシップを常に意識し、また、皆さまに「愛される証券会社」になるべく、証券CFDの取引普及にも努めていく考えです。

--------------------------------

どうやら、ネットでなく、古いスタイルとも思われる「対面式」に注力するらしい。
どうしてか???

-------------------
加藤 インターネット取引による販売が主流となりつつあり、リスクを負うのも自己責任においてとされていますが、投資家の多くは金融の専門家ではないので、その情報の取捨選択に精通するのは難しいのが実情です。当社の基本理念のひとつが、対面取引にて中身の濃い金融サービスを提供することです。365日 24時間体制で、経験者が相談に乗り、多様な情報の見方を一緒に考える中で取捨選択できる環境を提供しています。情報とひと言でいいますが、お客様が売買したいと考えているマーケットに合った情報を提供することに価値があると考えているのが当社です。

 インターネットには馴染めないという方も電話さえあれば全国どこからでも取引が可能です。お客様の取引状況はシステムを活用して、独自のポジション(管理表)を作成し、決算情報等を把握、システマティックな分析ツールを加えて、個々の状況をリアルタイムで把握できる体制をつくっています。お客様一人ひとりに担当のコンサルタントがつきますが、同時に24時間交代制でいつでも対応ができる体制も整えています。

----------------------------

さて、どうなるのでしょう??

FX関連のサイト

リンク集 トップへ↑
Copyright (c) 2007 [婚活ランキング] All Rights Reserved.